53335英語コーチングは不要?効果がない人の特徴&ある人の活用術

英語コーチングは不要?効果がない人の特徴&ある人の活用術

編集部
英語コーチングを利用しようと調べてみると3ヶ月で40万~50万円かかるスクールもあり、そう簡単に契約を決められるような額ではない。そこで気になるのは、英語コーチングは英語力アップに効果があるのか、その額を出すだけの価値があるのかというところ。

本記事では英語コーチングの「効果あり」と「効果なし」について解説。さらに、本記事で紹介している英語コーチングの効果的な活用術を参考にして取り組めば、効果を実感できるはずだ。
目次

「スピークバディパーソナルコーチング」で確実にスピーキング力をアップ!

スピークバディパーソナルコーチングは、スピーキング力のレベルアップに特化したオンライン完結型の英語コーチング。毎日1時間の課題とチャットサポート、週1回45分の通話コーチングを繰り返し、3ヶ月でレベルアップを目指す。

ビジネス経験豊富な日本人コンサルタントが一人ひとりに付き、進捗管理や学習方法の提案、モチベーションサポートなどあらゆる面でサポート。受講者は学習だけに集中できるので、無理・無駄なく進められるのが有難い。

まずはレベルチェックテストを兼ねた無料カウンセリングを受け、英会話学習を見つめ直すのがおすすめ。悩みや疑問をコンサルタントに打ち明け、目標に向けた学習計画を設計しよう。

無料カウンセリングをチェック!

英語コーチングって効果あるの?

英語コーチングは専属のコーチによる徹底サポートで英語力を伸ばすサービス。受講生は自身の目標に合わせて作成された個別カリキュラムを元に学習を進めていくことになり、あらかじめ用意されたカリキュラム内でレッスンを受講する英会話教室やオンライン英会話スクールの学習法とは大きく異なる。

英語コーチングの口コミを調べてみると、「目標になかなか届かない」という声がある一方で、「スコアが上がった」というような効果を実感する声も。

どんな勉強にも言えることだが、学習効果のありorなしは本人の取り組み方によって変わってくる。特に自主学習がメインとなる英語コーチングでは、どのように取り組むかが大きな要因となるだろう。

そこで、効果がないと感じる理由と効果を実感できている人の活用の仕方を以下で解説。それぞれを比べて自分が英語学習をする際に英語コーチングを利用すべきか、検討してほしい。

英語コーチングは効果がないと感じる3つの理由

1.目標が定まっていない

英語コーチングでは、最初のカウンセリングでレベルチェックと目標のヒアリングを行う。受講生のレベルや目標に合わせて個別カリキュラムを組むためだ。

目標はそれぞれの英語を学ぶ目的に合わせて設定されるのだが、その「目的」が漠然としていると正しい目標を設定できない。

「英会話ができるようになりたい」「仕事で困らないくらいの英語力をつけたい」といった目的が悪いわけではない。しかし、目標を達成したあとに「どんな自分になりたいか」「どんな人生にしていきたいか」といったビジョンを明確に持たないと、具体的な目標がたてられないのだ。そうすると自分が何のために英語を勉強しているのか見失ってしまい、モチベーションが下がってしまうこともある。

また、意欲はあっても目標を高く設定しすぎるのも挫折のもと。自分のレベルとかけ離れた目標をたてても達成感が得にくいので、明確な目的と正しい目標設定が重要である。

2.学習時間の確保ができていない

英会話教室やオンライン英会話とは異なり、英語コーチングでは自主学習がメイン。毎日1~3時間ほどで取り組む課題が出されるため、学習時間の確保が重要になる。

日々忙しくて勉強する余裕がないという人は、英語コーチングを始めたところで課題を溜め込みがちになりカリキュラムを消化できず、効果も得られにくいだろう。

英語コーチングでは、忙しい社会人でも英語学習を続けられるように、カウンセリングなどで学習時間の捻出の仕方やスキマ時間の活用法を教えてくれる。しかし、それを実行できるか否かは、本人のやる気次第。遊びの誘いや甘えの心を断ち切って英語学習を第一に考えられるのか、自分に問いかけてみることも必要だ。

3.コーチの助言を聞き入れない

専属コーチは、月2〜4回程度の定期的な面談に加え、アプリやチャットツールで日々の学習の進捗を徹底管理。課題が進んでいない場合や勉強に行き詰まってしまった場合には、モチベーションを向上させるための声掛けやスケジュールの組み直し、課題の取り組み方のアドバイスなど、手厚くサポートしてくれる。

英語コーチングは、トレーニングや英会話レッスン以外は、自分で勉強を進める自学自習。毎日取り組んだ課題を報告することでコーチが進み具合を把握できるのだが、進捗報告を偽ることもできてしまう。

適当に課題をこなして報告だけするという人や、アドバイスを聞き入れずに自分のやり方で進めてしまう人は、英語コーチングでは効果を実感しにくいだろう。

効果がある人の英語コーチングの活用術

1.課題を確実にこなす

先程も述べたとおり、英語コーチングは自主学習を軸にしてカリキュラムが組まれる。毎日出される課題を確実にこなすことは絶対条件。どんなに忙しくても言い訳なしで課題に取り組む意志があるなら、短期間での英語力アップも可能だろう。

コーチは英語力だけでなく語学習得のノウハウも熟知した英語のプロ。プロのアドバイスを信じて進めていくことが、実力アップへの近道だ。

2.サービスを使い倒す

英語コーチングではコーチとの面談や課題の進捗確認だけでなく、さまざまなサポートがプランに含まれている。スクールによって異なるが、以下のようなものがある。

  • チャットツールを使ってコーチに質問・相談できる
  • 英文添削
  • オンライン英会話レッスン
  • グループレッスン
  • 自社教材使い放題

チャットツールでの質問はプランに入っているスクールが多く、英語でわからないことを聞いたり、勉強法を相談したりなど、積極的に活用するのがおすすめ。毎日勉強する中で疑問に思ったことはすぐに解決しよう。

ほかにも、オンライン英会話レッスンや英文の添削などもプランに含まれている場合は全てフル活用。課題+αで取り組めば、力がグングン伸びるはず。

3.無料カウンセリングで複数のスクールを比較する

英語コーチングを選ぶときは複数のスクールを比較することが大切だ。公式サイトや口コミだけでなく、各スクールが入会前に実施している無料カウンセリングや面談を利用するのがおすすめ。

無料カウンセリングは担当コーチが行い、強化すべきポイントの指摘や学習アドバイスなどをしてくれる。特に、カリキュラムの組み方やコーチとの相性はスクールによって大きく異なるので、いくつか体験してから入会を決めよう。

「体験が面倒だから即決めしちゃおう!」なんて、簡単に決めてしまうと入会後のギャップが生じる可能性も。時間もお金も無駄にしないために、少し面倒でも複数のスクールを体験して自分の目で確かめてほしい。

英語コーチングはこんな人におすすめ

英語コーチングは、取り組み方次第で確実に英語力を上げることができるサービスということがわかった。

英語コーチングに向いている人
・本気で英語を習得したい人
・勉強時間を確保できる人
・正しい勉強法を知りたい人
・コーチの言うことを聞ける人
英語コーチングで効果が得られにくい人
・なんとなく英語の勉強を始めた人
・忙しくて勉強時間を確保できない人
・自分で英語の勉強法を確立している人

英語コーチングは、取り組み方次第で確実に英語力を上げることができるサービスだ。本気でやる意志があるかどうか自分に問いかけて、やるとなったら全力で取り組もう!

英語コーチングを始めるぞ!という人はこちらの記事もおすすめ!
英語コーチングとは?イチから徹底解説
英語コーチングの費用・サービス内容比較一覧表
初心者におすすめの英語コーチング3選
オンラインで受けられる英語コーチングスクール7選
格安英語コーチングの選び方とその効果
TOEIC対策におすすめの英語コーチング3選
個人運営と企業経営のどっちがおすすめ?

3ヶ月で飛躍的に英語力をアップ!プログリットの英語コーチング

第二言語習得論に基づいた専用カリキュラムと、生活習慣にまで踏み込んだ緻密な学習スケジュールにより、3ヶ月で飛躍的な英語力向上を目指すプログリット。ビジネス英語を取得した日本人の専門家が一人ひとりに付き、チャットツールを用いた毎日の学習サポートや週1回の面談を実施。1日2~3時間の学習を習慣化させ、無理なく継続して取り組める。

コースは、初級者コース・ビジネス英会話コース・TOEIC® L&R TESTコース・TOEFL iBT® TEST/IELTSコースの4種類。初心者コースでは、中学・高校英語を効率的に総復習して実践英語の土台を身に付けるため、英語力に不安のある人でも臆せず学習できるだろう。

無料カウンセリングでは、目標のヒアリングと英語力診断テストを行い、テストの結果に基づいた最適な学習方法をその場で提案。プロが設計した学習計画を知り、効率的な英語学習に励んでは。

【プログリット】公式をチェック

Back number

バックナンバー
More
もっと見る