52683英語コーチングは個人・企業どちらがおすすめ?料金や特徴を比較

英語コーチングは個人・企業どちらがおすすめ?料金や特徴を比較

編集部
日々の学習習慣と専属コーチによる徹底的なサポートで、短期間で確実に英語力を身に付ける「英語コーチング」。ライザップイングリッシュやプログリットなど、よく名前を耳にする企業運営のスクールのほかに、個人経営のスクールがあることを知っているだろうか。

本記事では、個人・企業の英語コーチングスクールの特徴や料金の違いについて解説。あわせて、おすすめのスクールを紹介しよう。
目次

1日1時間×3ヶ月でスピーキング力を底上げ!

「スピークバディパーソナルコーチング」は、スピーキング特化型の英語コーチング。一般的な英語コーチングは1日3時間の学習時間の確保が求められるが、スピークバディパーソナルコーチングは、1日1時間のトレーニングで英語力アップを目指すのが特徴。忙しい社会人でも取り組みやすいのが魅力だ。

料金は3ヶ月間で283,800円(入学金なし)。スピークバディのAI英会話アプリも使い放題で、短期間で確実にスピーキング力を上げたい人におすすめだ。

無料カウンセリングをチェック!

「個人」英語コーチングのメリット・デメリット

メリット1:企業よりも受講料が安い

個人経営の英語コーチングの最大のメリットとも言えるのが、受講料の安さ。企業が運営する英語コーチングは、広告費や人件費などがかかるため、その分受講料も高額になる。一方、個人の英語コーチングは、それらの費用がほぼ不要なため、1カ月30,000~50,000円ほどから始められるスクールも多い。また、オンライン限定であればさらに受講料が安くなるケースもあるようだ。

メリット2:より自由な学習カリキュラムを組める

もうひとつの大きな特徴が、学習カリキュラム。企業は受講者のニーズを想定してある程度カリキュラムを準備しているが、個人スクールでは、より細かく自分の要望に合わせて調整できる。

たとえば、「ビジネス英語を身に付けたい」という目標でも、「数か月後に海外駐在員になる」「週1で英語による会議がある」など、個々で目的は細かく異なる。明確な要望や希望がある人にとっては有難いだろう。

デメリット:講師の質がバラバラ・相性が合わない場合も

良いところばかりのように思える個人英語コーチングだが、気になるのは講師の質。企業が経営するスクールは採用の基準が高く、定期的に研修を受けているため「質が保証されている」と言える一方、個人スクールの場合は、採用基準などを設けていないことも多くあり、プロフィールなどの事前情報と異なる印象を受ける可能性も。

また、講師との相性が合わなかった場合、企業であれば他の講師と変更することも可能だが、個人経営のスクールは講師の在籍人数が少ないため、企業と比べると融通が利きにくいと言える。さらに、万が一解約するとなった場合も、返金制度を設けていないことが多く、「お金を無駄にしてしまった」と感じてしまうかもしれない。

これらはもちろん全ての講師に当てはまることではなく、企業スクール以上に自分と相性のいい講師と出会える可能性も大いにある。申し込む前に無料体験やカウンセリングを通じて、講師の人となりやスキル、自分との相性をしっかり見極めることが大切だ。

「企業」英語コーチングのメリット・デメリット

メリット1:講師の質が高水準で安定している

企業が運営している英語コーチングは、とにかく講師の質が高い。ビジネス経験者をはじめ、各企業が設定した厳しい基準をクリアした人材のみ。また、採用時から現在に至るまで定期的に研修を受けているため、誰に当たっても質の高いサービスを受けられるだろう。

メリット2:学習カリキュラムは目的にあわせて用意

学習カリキュラムは各社によって異なるが、ビジネス英会話やTOEIC L&Rテストのスコアアップなど、あらかじめ複数のコースを用意。受講者はその中から自分の目的にあったコースを選ぶことになる。

「○○がしたい」「××もしたい」など細かいニーズに対応するのは難しい場合もあるが、目標達成に向けて徹底的にサポートしてくれる。同じコースを選んでも、受講者のレベルや進捗に応じた専用カリキュラムを組んでくれるので、より効率よく学習に取り組めるのも高ポイントだ。

デメリット:個人よりも受講料が高額

企業の英語コーチングで唯一難点なのが、受講料。各スクールで違いはあるものの、相場は約100,000円~200,000円/月と高額である。さらに入学金がかかるスクールもあるので、あらかじめチェックしておきたい。

しかし、短期間で確実に英語力をつけるのであれば、ダラダラと何年も英会話を続けるよりコスパが良い場合もある。自身がどの程度真剣に英会話を学びたいかが、大きなポイントになってくるだろう。

【結論】英語コーチングは「企業」がおすすめ

英語コーチングスクールは、個人と企業でそれぞれメリット・デメリットがあることが分かった。それを踏まえてどちらがより良いのかを考えた場合、やはり講の質が保証されている企業スクールに軍配が上がる。

たしかに高額な受講料はかかるものの、英語コーチングは2~3ヶ月の短期集中が基本。その間しっかり学習に取り組むことで、スキルアップも実感しやすいはずだ。また、効率のいい学習法を知ることができれば、コーチング終了後にも役に立つ。

学習期間が決まっていなかったり、数カ月~1年以上など期間に余裕があったりするのであれば個人経営のスクールで自分に合うところを探すのもありだが、短期間で確実に英語力を身に付けたいなら、企業経営のスクールを選ぶ方が安心して学習に集中できるだろう。

おすすめの英語コーチング6選

どのスクールがいいのか迷ったら、各社の無料体験やカウンセリングを受けるのがベスト。編集部おすすめの英語コーチングスクールを紹介しよう。

【1日1時間×3ヶ月の集中特訓】スピークバディパーソナルコーチング

出典:スピークバディパーソナルコーチング

スピークバディパーソナルコーチングは、スピーキング力に特化したオンライン完結型の英語コーチング。

ビジネス経験を積んだ日本人コンサルタントが進捗管理や学習方法の提案など、細やかにサポート。受講者は学習だけに集中し効率的に学習を進められる仕組みになっているので、「挫折しそう……」と不安な人も安心だ。学習時間も1日に1時間程度でOKと、無理なく続けられるようになっている。トレーニングツールとして同社が開発しているAI英会話アプリ「SpeakBuddy」でAI相手に対話の練習ができるのも魅力だ。

まずはレベルチェックテストを兼ねた無料カウンセリングを受け、英語学習の課題を見つけよう。

スピークバディパーソナルコーチングを詳しくチェック

タイプコンサルティング特化型
入学金なし
期間3ヶ月
料金283,800円(3ヶ月)
※入会後30日以内の返金保証
無料体験(カウンセリング)無料カウンセリング+レベルチェック

スピークバディパーソナルコーチングを詳しくチェック

【スピーキングを鍛えたい人へ】レアジョブ スマートメソッドコース

オンライン英会話「レアジョブ」が提供する英語コーチングコース。16週(4カ月)で「ビジネスの現場で通用する英語」を身に付けることを目指す。

レッスンは特にスピーキングに力を入れており、6つの項目によるテストで苦手分野を把握し、レベルアップを実現。日本人のコンサルタントが、的確なフィードバックや学習方法の提案、モチベーション維持のためのメンタルサポートまで行ってくれる。

平日は50分のレッスン、週末は約120分のホームワーク+20分のウィークリーテストと毎日必要な時間が決まっているため、スケジュールが組みやすいの高ポイントだ。

タイプトレーニング型
入学金
期間16週間
料金550,000円(16週間)
無料体験(カウンセリング)無料相談+レベルチェック

【レアジョブ スマートメソッドコース】公式をチェック

【初心者向けコースあり】フラミンゴオンラインコーチング

フラミンゴオンラインコーチングは、ビジネス英語やTOEICなどの試験対策コースに加え、英語をほとんど話せない・聞き取れない初心者向けのコースを用意。約4カ月かけて英語への苦手意識を取り除き、基本構文を使った日常のやりとりができるようになるまでレベルアップできる。

ネイティブレベルの英語力を持つ日本人講師が担当し、コースに合わせてアプローチの仕方が異なるのも特徴のひとつ。週に1回(50分)のオンライン面談と、毎日1時間程度の自学自習で効率よく英語の勉強ができる。自習学習中も[email protected]を使ったサポートが受けられるため、モチベーションが維持しやすいのも嬉しい。

特徴コンサルティング特化型
入学金55,000円
期間4ヶ月・8ヶ月・12ヶ月
料金4ヶ月プラン:275,000円
※入会後30日以内の返金保証
無料体験(カウンセリング)無料カウンセリング(1時間)

【フラミンゴオンラインコーチング】公式をチェック

【サボらない学習習慣を身に付ける】プログリット

ビジネス英語に特化したプログリット。ビジネス英会話コース、TOEICコース、TOEFL・IELTSコース、初級者コースの4種類のコースがあり、ビジネス英語を取得した日本人の専門家が、マンツーマンで学習をサポートしてくれる。

生活リズムまで考慮した緻密な学習スケジュールを組んでくれるだけでなく、チャットサポートや音声添削サービスも毎日利用できるため、結果「サボらない」学習習慣を身に付けられる。

無料カウンセリングでは、英語力診断をもとに、最適なカリキュラムを提案。今後の英語学習に関する疑問を投げかけてみよう。

タイプコンサルティング特化型
入学金55,000円
期間2ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
料金ビジネス英会話コース
380,600円(2ヶ月)・544,500円(3ヶ月)
※入会後30日以内の返金保証あり
無料体験(カウンセリング)英語力診断+専属コンサルタントによる学習法の提案

【PROGRIT(プログリット)】公式をチェック

【グループレッスンが無制限!】スパルタ英会話

コンサルティング、マンツーマンレッスン、通い放題のグループレッスンがひとつになったスパルタ英会話。レッスンやコンサルティングは全てオンラインで利用可能なほか、店舗との併用もOK。

特に、グループレッスンを無制限で利用できるのが高ポイント。参加すればするほど会話量が増え、次第に会話への抵抗感もなくなるだろう。また、「楽しく学ぶ」ことを重視しており、ただ量をこなすのではなく、成長を楽しみながら英語学習を続けられる。

無料体験では90分のレッスンを受講。新宿校、銀座校、もしくはオンラインで体験できる。

タイプトレーニング型
入学金55,000円
期間1ヶ月~12ヶ月
料金通学&オンライン:539,000円(3ヶ月)
オンラインのみ:485,100円(3ヶ月)
無料体験(カウンセリング)90分間の英会話レッスン+コンサルティング

【スパルタ英会話】公式をチェック

【点数保証制度で結果に導く】RIZAP ENGLISH

アウトプット中心のプログラムで、最短2ヶ月の短期間で確実に結果を出す「ライザップイングリッシュ」。

「英会話コース」「TOEIC L&R TEST スコアアップコース」のほかに、1日5時間の超集中学習の1dayプログラム「RIZAP ENGLISH ONE」を用意。中でも、「TOEIC L&R TEST スコアアップコース」は、2021年10月より期間とレベルに応じた点数保証制度が加わり、受講期間内にスコア達成とならなかった場合は、達成まで無料でTEST IPが追加される。

店舗で無料カウンセリングを受けた場合、1回分の体験が可能。英語力チェックテストや受講者のライフスタイルにあわせた学習プランの提案もあるため、まずは無料カウンセリングから始めてみては。

タイプトレーニング型
入学金55,000円
期間2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月
料金英会話コース:
16 回(2ヶ月)437,800円
TOEIC L&R TEST スコアアップコース:
16 回(2ヶ月)437,800円
RIZAP ENGLISH ONE:
1回(5時間)9,900円
無料体験(カウンセリング)無料体験+レベルチェック+カウンセリング

【ライザップイングリッシュ】公式をチェック

英語コーチング関連の記事はこちら

英語コーチングとは?イチから知りたい人に徹底解説
英語コーチングをオンラインで受けるメリット・デメリットって?

英語コーチングとは?

英語コーチングは、専用のカリキュラムと専属コーチによる徹底的なサポートで、短期間での英語力アップを目指すサービス。企業運営のスクールのほかに、個人経営のスクールがあり、予算や目的によって自分にあうサービスを選ぼう。

英語が全くできない初心者でも、プロによる指導と効率の良い学習法で、飛躍的なスキルアップが期待できる。企業運営のスクールは「英語コーチングおすすめ15社」にまとめてあるので、参考にしてほしい。

安い英語コーチングのおすすめは?

個人経営の英語コーチングは、1カ月3万~5万円ほどから始められるスクールが多く、企業運営の英語コーチングよりも受講料が安いため、受講料を抑えたい人は検討するのもいいだろう。

企業運営の英語コーチングでも、オンライン特化型にするなどで安い受講料でサービスを提供しているスクールもある。おすすめは、スピークバディパーソナルコーチングやフラミンゴオンラインコーチングなど。詳しくはこちらをチェック。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る