オンライン英会話とは

オンライン英会話とは、オンライン上で英会話レッスンを受けるサービスのこと。レッスンは、zoomやSkypeなどの通話無料ソフトを使用して行うのが一般的で、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなど、インターネット接続した端末があれば受講可能だ。

実際に足を運ぶ英会話スクールとは異なり、自宅や職場などどこでも学べるのが高ポイント。24時間授業を行っているサービスも多く、「スキマ時間に学習したい」というニーズにも対応している。

さらに、英会話スクールよりも費用が安いのもメリットのひとつ。「スクールに通うのはハードルが高い」と感じている人も、気軽に始められるだろう。

オンライン英会話で学べること

オンライン英会話では、受講者それぞれのレベルや目的に合ったレッスンを受けられる。特にマンツーマン制のレッスンでは、他の受講者を気にすることなく、より集中して臨めるだろう。

はじめてオンライン英会話を受講する人は、「中学生レベルの英語しかできない」「レッスン内容についていけるか不安」と悩むこともあるかもしれないが、あまり臆する必要はない。レッスン前にレベルチェックのテストを行うサービスも多く、事前に講師側に自分のレベルを把握してもらうことで、より今の自分の英語レベルに合わせたレッスンを行ってくれるのだ。

また、ビジネス英語を学びたい人や英語試験対策に利用したい人は、それぞれに特化したサービスを選択するのがおすすめ。海外転勤前など、短期でスピーキングレベルをアップしたい場合は、短期集中コースを設けているサービスが良いだろう。

無料体験を受ける目的

オンライン英会話入会前の体験レッスンは、本レッスンと全く同じ内容で受講できるものもあれば、無料体験でレベルチェックを行い最適なコースを案内してくれるものもある。実際に受講して自分に合うサービスを見つけるための手段として有効だ。

無料体験レッスンでチェックしたい19項目

無料体験レッスンでを受けるときは、下記5点に着目しながら無料体験レッスンを受け比べてみるといいだろう。

  • 講師の質
  • 予算感
  • 予約の取りやすさ
  • レッスン環境
  • サポート

以下に、上記5点を評価する指標となる19個のチェック項目を準備した。全てを満たすサービスを選択できればベストだが、比較の際は自分の中で優先度の高い項目に優劣をつけるようにするといいだろう。

▼チェックリスト

講師の質
1. 自分の目的に合った講師が選べるか
・初心者:TESOLなど教育資格の有無、日本人の英語力や日本文化に親しみ・理解があるか
・自己啓発:選べる講師の数や国籍・得意分野の幅
・ビジネス:経験した業界・職種、英語圏でのビジネス経歴
・試験対策:試験の採点基準を知ってるか(受講歴・教育経験・試験官経験)
2. 聞きやすい英語を話そうとしてくれるか、気遣いはあるか
3. 自分が話すトークテーマに関心・知見はあるか
4. レッスン終了時に課題や弱点を指摘してもらえるか
5. 上記を踏まえた上で双方の相性が合うか

予算感
6. レッスン回数(頻度)とレッスン時間は適切か
7. 教材費の負担はあるか
8. 目標達成(結果が出せるか)に見合う価格か

予約の取りやすさ
9. 予約可能時間帯が自分のライフスタイルに合っているか
10. 希望のレッスン時間帯に目当ての国籍の講師がアクティブになっているか
11. 講師の事前予約に別途料金は必要か

レッスン環境
12. 講師側のインターネットの接続状態はいいか
13. 講師の声はクリアに聞こえるか
14. 講師の口の形や動きは明瞭に確認できるか
15. ビデオ・チャット・教材閲覧の切り替えはスムーズに行えるか
16. 録音・録画・日本語翻訳などの機能の有無(必要な方のみ)

サービスの質
17. レッスン外での自習コンテンツがあるか
18. 英語学習やレッスンに関するカウンセリングが受けられるか
19. 定期的なレベルチェックテストがあるか

無料体験で英語力チェック

英語力チェックができる無料体験レッスンは、自分の英語力のレベルを知るきっかけにもなるので積極的に利用しよう。得意・不得意な分野がわかり、自分の課題を明確化することができる。測定結果からおすすめのコースだけでなく学習プランを提案してくれるスクールもあるので、今後の英語学習に役立てよう。


RIZAP ENGLISHの無料体験で弱点をチェック!

RIZAP ENGLISH(ライザップ イングリッシュ)

RIZAP ENGLISH(ライザップ イングリッシュ)は、プライベートジムで有名なRIZAPの英語コーチングスクール。専属トレーナーがそれぞれに合った最適なカリキュラムを構築してくれ、短期間での英語習得を目指すことができる。

RIZAP ENGLISHでは無料の英語力診断をすると、マンツーマンでのカウンセリングや無料体験レッスン(1回分)を受けることができる。自分の弱点がハッキリするだけでなく、これまでの英語の取り組みや今後の目標をヒアリングして最適な学習プランを提案してくれるので参考になるだろう。

RIZAP ENGLISHの無料体験レッスンをチェック


無料体験がお得なオンライン英会話ランキング

1位:Kiminiオンライン英会話

第1位は、学研が提供する「Kiminiオンライン英会話」。無料体験のレッスン期間はなんと10日間。毎日1回分のレッスンを受講でき、コースも豊富に用意。目的に合わせたコースを集中的に利用するのはもちろん、迷っている人はさまざまなコースを体験し、自分に合うものを探すのもいいだろう。レッスンは、zoomなどのアプリではなく、ブラウザ上の独自のレッスンルームで行われるため、スムーズに進められる点も高ポイントだ。

【Kiminiオンライン英会話】を詳しくチェック

2位:スパトレ

出典:スパトレ

第2位には「スパトレ」がランクイン。スパトレの無料体験では、7日間無制限でレッスンを受講できる。無料体験の初回には実力テストを実施し、その結果によって一人ひとりに合わせた最適な学び方を提案。本気で取り組めば、トライアル中だけでも実力がつけられそうだ。

【スパトレ】を詳しくチェック

3位:ネイティブキャンプ

第3位は「ネイティブキャンプ」。スパトレ同様、無料体験は7日間無制限。時間が許す限り何度でも受講できるのは高ポイントだ。レッスンは予約不要。混雑時以外は思い立ったときにすぐレッスンを始められる。

【ネイティブキャンプ】を詳しくチェック

オンライン英会話おすすめ23社&お試しレポ

初心者におすすめのオンライン英会話
レアジョブエイゴックスクラウティワールドトークKiminiオンライン英会話ECCオンラインレッスン
ビジネス英語におすすめのオンライン英会話
Berlitz(ベルリッツ)Bizmates(ビズメイツ)産経オンライン英会話PlusEFイングリッシュライブGSET
短期集中におすすめのオンライン英会話
ネイティブキャンプイングリッシュベルCamblyQQ Englishオンラインスパトレエイゴルvipabce英会話
英語試験対策におすすめのオンライン英会話
ベストティーチャーmytutor(マイチューター)DMM英会話

初心者におすすめのオンライン英会話6社

こんな人におすすめ!
・初の海外出張を控えている
・TOEICと英会話を同時に勉強したい
・上司が突然外国人になって、英語で会話する必要がある
・仕事で英語を使う機会が増えてきた

まずは、日常英会話の初級レベルをマスターしたい人へおすすめの、初心者でも始めやすく、長く続けられる体制が整ったオンライン英会話サービスを紹介しよう。

レアジョブ|無料体験レッスン2回

出典:レアジョブ

フィリピンの東大とも言われるフィリピン大学出身者を中心に、6000人のフィリピン人講師が在籍。認定試験をクリアした講師のみがオンラインレッスンを行えるので、レッスンの質が安定しているのもポイント。日常英会話やビジネス英会話のレッスンを受けられる(1レッスン25分)。

「あんしんパッケージ(月額980円)」に加入すれば、日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられる。学習方法やレッスンの進め方について的確なアドバイスをもらえるので安心だ。

無料会員登録後に無料体験レッスン予約の案内が届き、最短30分で体験スタート。簡単な自己紹介とフリートークのあとは、英語のレベルチェック。講師の質問に答えるという会話形式のテストで、10段階のレベルで判定される。レベル確認後、本レッスンを10分+フィードバック2分で1回の無料体験は終了する。

講師数が多く、講座は朝の6時〜夜1時まで予約可能。やりたいと思ったときにレッスン予約がすぐできるので、忙しい人にもおすすめだ。詳しい内容は下記の編集部体験レビューを参考にしてほしい。

編集部の体験レビューの詳細を見る

レアジョブ公式サイトを見る

エイゴックス|無料体験レッスン1回

出典:エイゴックス

エイゴックスは、講師をフィリピン人・ネイティブ・日本人バイリンガルから選べ、他のサービスと比べてかなり低価格でネイティブ講師のレッスンが受けられるオンライン英会話。

いきなりネイティブと話すのは怖いという初心者でも、日本人バイリンガル講師やフィリピン人講師から始めて、慣れてきたらネイティブのレッスンを増やしていくということもできる。

無料体験レッスンは1回受講可能。無料体験でも、フィリピン人・ネイティブ・日本人バイリンガルから講師を選ぶことができる。事前にSkype IDが必要なので、ダウンロードしておこう。無料体験では、挨拶と自己紹介と簡単な質疑応答があり、ちょっと困ったときには日本語で聞くこともできるので臆せずチャレンジできそうだ。

もちろん、もっと上のレベルの英会話レッスンを受けたいという場合は、ネイティブ講師やフィリピン人講師を選択すればOK。本登録後も毎回自由に選択できるので、自分のペースで進めていこう。

編集部の体験レビューの詳細を見る

エイゴックス公式サイトを見る

クラウティ|3日間無料体験

出典:クラウティ

1つのアカウントを数人でシェアしてレッスンを受けられる、新しい形のオンライン英会話。一度の申し込みで、5人(本人含めて6人)の受講ができる。

小学生から社会人まで、幅広いコースがあるので、自分以外にも英会話を勉強したい家族や同僚、友達などがいる場合にとても便利なシステムだ。レベル的には初心者向けなので、一度お試し利用してみるのもいいだろう。

クラウティでは3日間の無料体験期間があり、毎日1回レッスンの受講が可能。簡単な登録を済ませれば、レッスンの予約ができるので気軽に試してみよう。

無料体験レッスンの詳細を見る

ワールドトーク|無料体験レッスン1回

出典:ワールドトーク

ワールドトークの最大の特徴は、日本人講師がメインであること。わからなかったところは、すぐに日本語で質疑応対でき、初心者の方や英語に対する苦手意識が強いでも安心だ。

また、日本人講師であることのメリットは、講師自身に英語学習経験があり、まだ英語ができない人の気持ちやつまづきやすいところがわかるということ。英会話だけでなく、英語学習全般のことや自習方法についてもレッスン中に気軽に聞くことができるだろう。

無料体験レッスンは1回。アカウント登録をすると、レッスンが体験できるポイント780ptが進呈され、そのポイントを使ってレッスンを予約すると無料体験ができるという仕組み。

事前に自己紹介やどんなレッスンをしたいかの希望を入力することもでき、「講師がこちらの英語レベルに合わせて適切な質問や話題を提供してくれている」とも語っている。

編集部の体験レビューの詳細を見る

ワールドトーク公式サイトを見る

Kiminiオンライン英会話|10日間無料体験

出典:Kiminiオンライン英会話

Kiminiは、学研が提供しているオンライン英会話サービス。目標に合わせた英語学習コースが複数用意されているので、どうやって英語の勉強を進めればいいのかわからない人におすすめ。スタンダードプランは、1日1レッスン(25分)で月額6,028円。

Kiminiオンライン英会話の無料体験レッスンの期間は10日間あり、毎日1回分のレッスンを受講できるレッスンはさまざまなコースがあるので、無料体験期間中に目的に合わせたコースを選ぶようにしたい。

カリキュラムが細かく組まれているため、それに沿って自習していけばかなりの力がつくだろう。オンライン英会話ではスカイプやZoomを使うのが一般的だが、Kiminiオンライン英会話は独自のレッスンルームでブラウザ上で受講できるのでスムーズにレッスンを受けられる。是非無料体験で試してみてほしい。

編集部の体験レビューの詳細を見る

Kiminiオンライン英会話公式サイトを見る

ECCオンラインレッスン|無料体験レッスン2回

出典:ECCオンラインレッスン

ECCオンラインレッスンは、歴史ある英会話教室のノウハウを生かしたレッスンを、オンラインで気軽に受けることができる点が最大のメリット。システムの特徴としては、「受けただけプラン」を設けているところ。月2回からレッスンを受けることができ、3回目以降は受講した分だけ追加料金を支払うシステム。だんだんと回数を増やしていけるのは嬉しいポイントだ。

また、レッスンの予約が15日先までできるので、計画が立てやすい。学習レベルを判断するテストを無料受験できるので、プランや教材を選ぶ基準を明確にできる。

ECCオンラインレッスンの無料体験は、ネイティブ講師のレッスンは無料体験では受講できないが、フィリピン人講師担当の英会話レッスン(または、こども英会話レッスン)を2回受講できる。

簡単な挨拶の後、約15分の本レッスンを行い、最後にレッスンを振り返りという流れ。最後の振り返りで、レッスン中につまづいた部分の確認ができる。レッスンのテーマが絞られていることで、1つのことにじっくり時間を掛けて反復練習できるため、レッスン内容が定着しやすいようだ。

編集部の体験レビューの詳細を見る

ECCオンラインレッスン公式サイトを見る

以下の記事でも、初心者向けのおすすめオンライン英会話を紹介している。各サービスの特徴だけでなく、初心者ならではのメリットや自分に合ったサービスの選び方、オンライン英会話を続けるコツなどを解説。ぜひ参考にしてほしい。

ビジネス英語におすすめのオンライン英会話5社

こんな人におすすめ!
・国際会議・商談・企画書作成などのビジネスシーンで使える英語が必要になった
・海外プロジェクトにアサインされた
・英語力とビジネススキルを高めたい

ビジネス英会話では、英語力そのものに加えて、日常会話ではあまり使用されない、ビジネスの場で使われることが多い英語表現を理解することが重要になってくる。

ここでは、英語圏のものごとの考え方・話の進め方、マナーや立ちふる舞い、現地の慣習や価値観を受け入れることの重要性など、ビジネス英会話に加えて、英語圏のビジネススキルも身につくオンライン英会話を集めてみた。

Berlitz(ベルリッツ)|無料体験レッスン1回

出典:ベルリッツ

全国に約60校を展開する大手英会話教室のベルリッツ。140年以上もの歴史があるベルリッツ・メソッド(R)による高いクオリティのレッスンを受けられ、短期間で語学力を身に付けることができる。

講師は、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど、世界中の国籍から採用。全講師ビジネス経験があるので、ビジネスに役立つ語学力、コミュニケーション力の上達をサポートしてくれる。

オンライン英会話レッスンは、早朝5時から深夜0時10分まで開講。通学かオンラインかを日によって選べるマンツーマンレッスンや、完全オンラインのマンツーマンレッスン、外国人教師と英語だけで行われる最大3名のオンライングループレッスンのほか、教師とのマンツーマンライブ・コーチングとオンライン英語学習を組み合わせたプログラム「Flex(フレックス)」などがある。

中でも「Flex(フレックス)」は、短期間で確実にスピーキング力を上げたい人におすすめ。ライブコーチング(アウトプット)とオンライン学習(インプット)を組み合わせた約半年の短期プログラムで、受講生のペースで進めながら実践練習やコミュニケーション力の強化を目指せる。

無料体験レッスンの回数は1回。通常の無料体験レッスンは2部構成になっていて、前半に英語レベルの診断、後半に体験レッスンを行う。また、マンツーマンコーチング+オンライン学習のFlexプログラムは、7日間の無料体験が可能。興味がある人はぜひ試してほしい。

無料体験レッスンの詳細を見る

Bizmates(ビズメイツ)|無料体験レッスン1回

出典:Bizmates

Bizmates(ビズメイツ)は、「ビジネスで成果を上げる」をコンセプトにした、ビジネス特化型のオンライン英会話。レッスンでは英会話の基礎やコミュニケーションスキルだけでなく、「文化や価値観の受け入れ方」「リーダーシップ」「信頼関係を築くための人間性」など、あらゆるビジネススキルを学べる。

「英語を学ぶ」というよりもグローバルビジネス研修で習得する内容を「英語 ”で” 学ぶ」というイメージ。初回のレベル分けチェックでも英会話そのものよりも、英語的な考え方や英語圏のビジネスシーンを掴めているかどうかが見られるようだ。

講師は全員ビジネス経験者。さまざまな業界・職種で豊富な経験を持つ講師を集めているため、自分の業種・職種に近い講師を選択することで、実践的に使えるビジネススキルを習得することができる。グローバルな舞台で仕事をしていきたい人におすすめだ。

無料体験レッスンの回数は1回。経営企画・マーケティングなどビジネス経験から条件を絞り込んで、講師を選ぶこともできる。

編集部の体験レビューの詳細を見る

Bizmates公式サイトを見る

産経オンライン英会話Plus|無料体験レッスン4回

出典:産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plusは、大手新聞社の産経グループが運営していることから信頼性が高く、法人からの利用実績も多い。(※2021年4月末に「産経オンライン英会話」はサービス終了。「産経オンライン英会話Plus」 への会員登録が必要。)

フィリピン人講師のほか、日本人講師やネイティブ講師も在籍。毎月付与されるコインや追加購入するコインを使って、講師を選択できる。翌月繰越制度や、家族で共有できるサブアカウント制度で無駄なく受講できるので安心だ。

日常英会話、ビジネス英会話、職業別英会話、学校教科書準拠、ニュースディスカッション、フリートークなどのレッスンを追加料金無しで自由に組み合わせて受講できるのも魅力。

週末に集中して受けられるプランや、短期集中型の初⼼者脱出プログラムなど、カスタマイズプランの選択肢が豊富。ビジネス英会話に特化したサービスもしっかりと用意されている。

国内のオンライン英会話サービスで2種類の教育ISO認証を初めて取得。目的別・レベル別の洗練された教材など総合的に英語教育の質が高く、手厚いサポートが受けられる。

無料体験レッスンは4回と他サービスに比べて多め。名前・メールアドレス・パスワーの入力だけで登録が完了。フィリピン人講師の英会話レッスンが2回、ネイティブ講師または日本人講師の英会話レッスンが1回、中国人講師の中国語レッスンが1回無料で受けられる。

無料体験レッスンの詳細を見る

EFイングリッシュライブ|7日間無料体験

出典:EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブは、ANAやNECなどのグローバル企業の研修にも取り入れられている世界最大級のオンライン英会話サービス。オンライン英会話としては珍しいグループレッスンを取り入れている。

初心者から上級者までの16段階のレベル設定や、レッスン後の丁寧なフィードバックで、自分の実力や学習到達度を把握できるのも魅力だ。

無料体験レッスンは、マンツーマンレッスン1回+グループレッスン3回の受講が可能。無料体験期間は7日間で、オンライン英会話レッスンの体験のほか、期間中は自習用オンライン教材を自由に利用できるので、こちらも積極的に活用したい。

濃厚なレッスン内容になっているため、事前の自主学習が必要。「選んだトピックに関連する内容は考えをまとめて、いくつか英作文をしておいた方がいいと思った。」とも語っている。自習用オンライン教材を上手に使って、レッスンに臨むようにしよう。

編集部の体験レビューの詳細を見る

EFイングリッシュライブ公式サイトを見る

GSET|無料体験レッスン1回

出典:GSET

GSETは、「週1日のオンラインもしくは対面のマンツーマンレッスン」と「週6日の自宅トレーニング」の組み合わせで、週7日間トレーニングするシステムが特徴。自宅トレーニングではその結果を毎日ネイティブ講師と確認する。

講師は全てネイティブで、「発声・音・リズム・英語思考」に重きをおいており、息の出し方、口の周りの筋肉やノドの使い方から思考と英語を結びつける方法まで詳細な技術を学ぶことができる。

またその英語を話す・聞くための技術を習得していく中で、ビジネスシーンで使える英語や発音方法を徹底的に体に覚え込ませていくことができる。そのため、外資系企業での仕事や、海外出張の準備など、実践的に ”使えるビジネス英語” を上達させたい人にもぴったりだ。

GSETの無料体験レッスンは1回。実際のレッスンと同じように、50分間の体験が可能。レッスン終了後には、トレーナーから英語学習のアドバイスやレッスンの案内があるが、無理な勧誘は行っていないので気軽に試してみるのがおすすめ。

無料体験レッスンの詳細を見る

以下の記事でも、ビジネス英語におすすめのオンライン英会話を紹介している。選び方や各サービスの特徴だけでなく、ビジネス英会話に必要なスキルについても解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

短期集中におすすめのオンライン英会話8社

こんな人におすすめ!
・スピーキングを今よりもっと向上させたい
・外資系企業に転職したい
・海外移住して仕事がしたい
・短期間で集中して英語力アップに打ち込みたい

すでに初級レベルの英会話力があり、スピーキングのレベルを集中的かつ効率的に高めていきたい人には、次に紹介するサービスがおすすめだ。英語を話すことへ慣れ、以下のようなステップアップを考えている人のニーズを満たすサービスをセレクトした。

・とにかく回数をこなし、短期集中でレベルアップできる
・発音矯正ができる
・少し負荷のかかる英語トレーニングができる
・他とは違った英会話学習法(メソッド)に挑戦できる

ネイティブキャンプ|7日間無制限

出典:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、月6,480円で英会話レッスンが受け放題。予約不要で24時間いつでも受講できるのが最大の魅力。120カ国以上の講師が在籍しているので、レッスンを受けたいと思ったときにすぐに受講可能。レッスン時間は25分だが、自分の都合に合わせて途中で切り上げてもOKというフレキシブルなスタイルなので忙しい人も続けやすい。

ネイティブ講師も在籍していて、有料で予約も可能。日本人カウンセラーによるカウンセリングもあり。新規会員向けに「7日間無料トライアル」を用意しており、無料体験期間中の7日間、レッスンはいつでも受け放題回数無制限なので、納得するまでお試しできる。

開始10分ほどは、軽い挨拶とフリートークでウォーミングアップ。フランクな会話で緊張をほぐすことができるようだ。実際に教材を使ったレッスンは約15分。最後に軽く挨拶してレッスンが終了となる。講師がリードしてくれるので、英会話に不慣れな初心者でも安心だ。

編集部の体験レビューの詳細を見る

ネイティブキャンプ公式サイトを見る

イングリッシュベル|無料体験レッスン2回

出典:イングリッシュベル

イングリッシュベルの特徴は、DME(ダイレクトメソッド・フォー・イングリッシュ)という学習方法を用いているところ。DMEとは、英語を母国語としない人たちのために開発された、カランメソッドをベースにしている。カランメソッドの長所はそのままに、グラマーにも重点をおいた学習方法だ。

クラス時間内に神経を集中してレッスンを行うことで、より短期間で英会話を上達させる。時間がなく忙しい人、英会話のレスポンスを上げたい人におすすめだ。

英会話の準備に入るための初心者レッスンや日常英会話、各レベルに合わせたDMEクラスのほか、TOEICやIELTSの英語試験対策、ビジネス英語、発音矯正、CNNを活用したニュース英語など、多彩なクラスが全20種類準備されており、自由に組わせてオリジナルカリキュラムを組むことができる。

無料体験レッスンは2回。1回目はレベルテスト、2回目はレベルチェックの結果を参考に自分で好きなクラスを選択できるので、興味があるものを選ぶといいだろう。

編集部の体験レビューの詳細を見る

イングリッシュベル公式サイトを見る

Cambly|無料レッスン紹介制あり

出典:Cambly

Camblyは、アメリカ・サンフランシスコを拠点とするネイティブ講師が集まっているので、ある程度の英語の基礎がある人に最適。

レッスン時間と受講ペースを細かくカスタマイズできることが特徴的で、レッスン時間は15分〜120分、受講頻度は週1回〜週7回から選択することができる。予算やスケジュールを加味して、自分のペースで始められるのは有難い。

IELTS・TOEFL等の試験対策に精通した講師や、さまざまな分野のビジネス経験者を選択することができるので、海外での就職活動や転職活動を視野に入れている人にもおすすめだ。

Camblyでは5分の無料体験が用意されているが、さらに紹介コードの入力でプラス10分の無料レッスンが可能。知り合いに会員になっている人がいれば紹介してもらうといいだろう。

無料体験レッスンの詳細を見る

QQ Englishオンライン|無料体験レッスン2回

出典:QQ Englishオンライン

QQ Englishの強みは、「カランメソッド」という有名な英語学習方法の認定校であること。カランメソッド発祥の地ロンドンの、カランスクール本校から認められた、日本で初めての正式認定校だ。

「カランメソッド」は、講師の早口での質問に素早く回答することを繰り返すトレーニング負荷の高い状態を保ちながら英語に対する瞬発力を鍛えることができ、英語を英語のまま聞いて、日本語に変換せずに英語で反応することができるようになる。レッスン内容に納得できなかった場合は、状況に応じてポイントまたはチケットを返還する保証制度もあり。

無料体験では、25分のレッスンを計2回受けられる。1回目は英会話力を測るためのレベルチェック、2回目は好きなカリキュラムを選んで受講できる。

無料体験レッスンの詳細を見る

スパトレ|7日間無制限

出典:スパトレ

スパトレは、一般的な英語の勉強とは違う第二言語習得論や認知心理学などの「新しいトレーニング」を提供するオンライン英会話サービス。英語力を6つのスキルに分けて実力を測定し分析。その結果から弱点や改善ポイントを導き出し、最適なトレーニングと教材を提案してくれる。授業料が1回158円〜と業界最安価で、気軽に始めることができるので、初心者にもおすすめだ。

スパトレの無料体験レッスンは、7日間無制限で受講可能。初回には実力テストが行われ、自分のレベルを知ることができる。スパトレのレッスンと自己学習で何をすべきかという的確なアドバイスと、自分のスキルのスコア表を詳しく分析してくれるので、今後の英語学習の参考にもなるだろう。

トレーニングごとに予習も必要で、レッスンによっては事前に宿題を提出するものもある。英語の勉強はしたいけど、どのように勉強したらいいかわからないという人におすすめだ。

編集部の体験レビューの詳細を見る

スパトレ公式サイトを見る

エイゴル|7日間無制限

出典:エイゴル

専任の家庭教師方式をとっているエイゴル。同じ講師に続けて指導してもらえるので、自分に合わせたレッスンを受けられる。「講師の1レッスン単価」×「レッスン実施回数分」のみの後払い制なので、無駄なく利用できる。

専任の家庭教師方式をとっている「エイゴル」は、7日間の無料体験でもレッスン回数に制限はない。「自分と相性のいい講師を見つけてほしい」という狙いがあるため、同じ講師の体験は1回という制限はあるが、7日間何回でも無料体験を受講できるのはうれしいポイントだ。

無料体験レッスンの詳細を見る

vipabc|無料体験レッスン1回

出典:vipabc

vipabcの特徴は、講師の国際資格保持率が100%であること。英語教授資格者(TESOL)を取得した人だけが、採用の選考を受けられる。

英語が母国語であれば、誰でも英語を教えられるという考えではなく、講師は「教えるプロ」であるべきと考えている。そのため、講師の質がとても高く、安心できるのが嬉しいポイント。ネイティブかつプロの講師から英語を学びたい人におすすめだ。受講したレッスンも動画を後から見直せるので、復習もしやすい。

vipabcの無料体験は、日本人コーディネーターによるカウンセリングが特徴。無料体験で現在のレベルとこれからの学習アドバイスなどを教えてもらうことができる。当日の事前カウンセリングでは「英語勉強歴」や「具体的にどのように英語を上達させていきたいか」を聞かれるので、考えておくといいだろう。

編集部の体験レビューの詳細を見る

vipabc公式サイトを見る

e英会話 |無料体験レッスン1回

出典:e英会話

e英会話は1レッスンの時間が一般的なオンライン英会話より20%多い、1コマ30分。レッスン毎に導入や自己紹介を行う時間を考えると、5分だけでも本テーマに集中できる時間を長く取れる。

また、2日間の超短期集中プログラム『イングリッシュシャワー』という、ユニークなレッスンが始まったのも特徴。18時間で“英語脳”になれるというもので、オンライン英会話を継続できる自信はないが、試しに挑戦してみたいという人にもおすすめできる。

日本人カウンセラーが平日7時~23時まで電話対応を行っており、早朝や夕方以降でも学習の相談などに対応してもらえるのも、安心して入会できるポイントだ。

無料体験レッスンは1回受講可能。公式サイトから「いますぐ無料体験」をクリックすると申し込みができる。レッスン時間は30分。e英会話の通常コースの中から希望のコースを選択できる。

無料体験レッスンの詳細を見る

短期間で英会話のレベルアップを図るには、効率良い勉強がカギ。目標や期間を設定し、通勤時間や寝る前などの「スキマ時間」を有効活用して学習することが重要だ。

短期間での英会話学習はモチベーションを維持しやすいだけでなく、学んだことを忘れる前に定着させられるという点でもメリットが大きい。通常のレッスンと定期的にカウンセリングを受けることで、オンライン英会話を上手に使いこなし、目標に向けて学習を進めていこう。

以下の記事では、短期集中におすすめなオンライン英会話サービスを紹介。結果を出すためにやるべきことやその他の学習法も解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

毎日2~3時間ほど勉強時間を確保することができ、本気で英語学習に取り組もうと考えている人は、英語コーチングもおすすめ。専属コーチが、設定した目標達成に向けて、自分専用の学習カリキュラムを組んでくれるというサービスで、無駄なく勉強に取り組めるとともに、英語学習を習慣づけることができる。

オンライン英会話や通学型の英会話教室と比べて高額な費用がかかるが、2~3ヶ月のプランが主流で、短期間での英会話取得にはかなり効果的。以下の記事では、英語コーチングのより詳しい解説やおすすめのサービスを紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

英語試験対策におすすめのオンライン英会話3社

こんな人におすすめ!
・駐在要件に英語試験が課せられている
・社内留学の公募を狙っている

最後に、自分1人で勉強するのが難しいIELTSやTOEFLのスピーキング対策やライティング対策ができるオンライン英会話を紹介しよう。

ベストティーチャー|ライティング+スピーキングレッスン無料

出典:ベストティーチャー

ベストティーチャーは「聞く」「話す」だけでなく「読む」「書く」の両方を鍛えられる、唯一のオンライン英会話スクール。

特におすすめは、TOEFLやIELTSで必要とされる各英語試験でのライティングレッスン。作成した英文を講師がしっかりと添削してくれる。通常はライティングとスピーキングが別コースになっていることが多く、1つのコースで4技能全ての試験対策ができるオンライン英会話は珍しい。全コースで英語4技能を使い、それぞれのスキルをバランスよく身につけ、総合的な英語力を磨こう。

ベストティーチャーは、通常コースは「Writingレッスン3回+Speakingレッスン1回」、各種試験対策コースは「Writingレッスン1回+Speakingレッスン1回」の無料体験ができる。

スピーキングのレッスンを受ける前に、ライティング課題があるのが特徴。ライティングの課題を提出し、添削をしてもらってからスピーキングレッスンを受けるとより有意義なものにできるので、しっかりと取り組もう。

編集部の体験レビューの詳細を見る

ベストティーチャー公式サイトを見る

mytutor(マイチューター)|無料体験レッスン2回

出典:mytutor(マイチューター)

mytutorは、ビジネスや留学対策に強みをもつオンライン英会話。特にIELTS・TOEFL対策コースは専門講師を採用した、独自のカリキュラムは最大の魅力。この資格対策は、ポイント制プランを活用した短期間集中型の受講もできるので、仕事で資格が必要になる人にもおすすめ。

プレゼンやメールなど、基本的なビジネス英語が身につく教材をはじめ、職業別ビジネス英語、「社内公用語 重要フレーズ 1000本ノック」などの実践的なカリキュラムも魅力のひとつだ。

mytutorの無料体験レッスンは2回。基本的に、レベルチェック+フリーレッスンを受けられるが、受けたいレッスンがある場合は、「講師への連絡」から希望のレッスンを伝えることができる。

編集部の体験レビューの詳細を見る

mytutor公式サイトを見る

DMM英会話|無料体験レッスン2回

出典:DMM英会話

DMM英会話の特徴は、ネイティブを含めた118ヵ国の講師が在籍しているという点。多国籍な一方で、採用の合格率は5%と厳格なので、様々な国の講師と話してみたい人にはおすすめだ。海外出張前に、渡航先の英語訛りに耳慣れしておく、その国の文化や立ち振る舞いについて聞いておくという使い方もできる。

ビジネスや試験対策に特化したコース自体は準備されていないが、IELTS・TOEFLの元試験官講師や指導経験がある講師を検索することができ、レッスンで使用する教材も準備されている。

過去問を持参して不明点を聞いたり、スピーキングの模擬テストをレッスン中に行うことも可能。スタンダードプランの料金で試験対策を受けることができるのが魅力的だ。

また、DMM英会話の会員になると英語学習アプリ「iKnow!」を無料で使用可能。英会話のレッスンで補いきれないリーディングやライティングを、「iKnow!」アプリを使ってインプットできる。また、英会話のレッスンで覚えた単語や、難しいセンテンスをアプリに追加できるので、スキマ時間での復習ツールにもなる。

DMM英会話では、25分の無料体験レッスンを2回受講可能。簡単な自己紹介とサービスの概要説明のあと、約18分の本レッスンが受けられる。日常英会話、ビジネス、各種英語試験対策、発音、文法、ニュース英語など多彩な教材の中から好きなものを選んでOK。

講師を選ぶときに、趣味や経歴などの詳しいプロフィールや受講者の口コミが見られるので、自分に合う講師を探して始めているのもおすすめだ。

編集部の体験レビューの詳細を見る

DMM英会話公式サイトを見る

独学で習得!英語学習法

社会人が独学で英語を習得するための3つのヒント

忙しい社会人でも英語習得はできる!空き時間や自分のペースで勉強できるのが独学の良いところ。手軽に取り入れられる効率的な英語勉強法のヒントを3つ紹介しよう。

1.生活の中で英語に触れる機会を増やす

日々忙しく、まとまった英語学習の時間をとるのが難しいという人も多いだろう。それなら、いつも日本語で利用しているツールを英語に切り替えて、英語に触れる機会を増やしてみたらどうだろうか。一例として3つ紹介する。

・ケータイやPCのデフォルト言語を英語にする
・英語のラジオや音楽を積極的に聞く
・海外ドラマや洋画を英語音声で観る

2.語彙を増やす

知っている単語の数で英会話スキルは変わってくる。実際の会話で必要な単語数は2,000語程度で十分とも言われるが、大人のネイティブスピーカーの語彙は20,000~35,000と約10倍。英単語を暗記して、少しでも多くの単語を理解できるようにしたいところ。

単語の暗記は独学で進めやすく、すきま時間を活用して行えるのでやる気次第でどんどんレベルアップできるはず。以下のおすすめの教材を参考に取り組んでいこう。

改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル (アルク学参シリーズ)
改訂第2版キクタン【Advanced】6000語レベル (アルク学参シリーズ)
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 (速読速聴・英単語シリーズ)

3.英作文の練習をする

英単語をある程度覚えたら、自分で実際に伝えたい英文を考える英作文の特訓を行おう。受験対策のようにドリルに取り組むのではなく、あくまでも英語を話すための文法学習。

おすすめのトレーニング法は日本語文を見てそれを瞬間的に英訳する「瞬間英作文」。実際の会話ではテンポも大切で、頭の中で英作文を組み立ててから発言するのではなく、伝えたいことをパッと英語で話すトレーニングが重要になる。

初心者におすすめなのは「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」シリーズ。英語で日記を書くのもおすすめだ。

オンライン英会話を始める前に上記3項目に事前に取り組み、インプットとアウトプットをバランス良く組み合わせて事前準備しておくと初心者でも安心だ。以下の記事に独学で英語を習得する方法を紹介している。独学で英語を学ぶメリット・デメリットなども詳しく紹介しているので参考にしてほしい。

スピーキング教材&サービスおすすめ6選

スピーキングスキルは独学では難しいと思っている人も多いのでは?オンライン英会話以外にも、自宅で学習できる教材はたくさん。コスパ抜群の教材を紹介しよう。

スタディサプリ

スタディサプリは自主学習型のWeb学習サービス。スタディサプリENGLISHは、スピーキング教材として優秀だ。生きた口語表現を学べる「新日常英会話コース」とビジネスシーンの実践的な会話をドラマ形式で学べる「ビジネス英語コース」などがあり、目的に合わせて選ぶことができる。

キーフレーズの習得→スピーキング練習→キーフレーズの確認という流れで学習。効率よくスピーキングを習得をしていくことができる。

講義は受け放題で、基本の月額は、新日常英会話コースが2,178円、ビジネス英語コースが3,278円。オンライン英会話セットプランなど、お得なプランもある。

7日間の無料体験もできるので、まずは試してみるのもおすすめ。

無料体験について詳しく見る(新日常英会話コース)

無料体験について詳しく見る(ビジネス英語コース)

TED

出典:TED

オンラインで無料の英語講演の動画を視聴できるサービス。第一線で活躍する人物の講演やプレゼンテーションの動画が豊富にそろっているので、聞いた音声をすぐに口から発声する「シャドーイング」というスピーキングの練習に最適。自分の好きなジャンルや、興味のある分野の動画を選んで、とにかく真似ることから始めよう。

音声の速度を調節や字幕の表示、和訳の確認もできるので、独学での英語学習にも最適だ。

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

ネイティブが赤ちゃんのときから聞かされ、成長とともに身につけた100の表現を集めた一冊。教材は、5段階にレベル分けされ全部で100のフレーズを紹介している。CD付きなので、シャドーイングや聞き流し学習にもおすすめ。

たった30パターンで英会話!「言いたいことが出てこない」をスッキリ解消

400以上の洋画を分析し、ネイティブが日常的に使用している147のフレーズがまとまった一冊。よく使う30のパターンを覚え、シチュエーション別の147の頻出フレーズを自由に組み合わせることで英語が話せるようになるというもの。パターンをしっかりと覚えるだけで、難しい文法を使わなくてもフレーズを応用すること相手に伝えることができると実感できるはず。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

瞬間的に英語が話せるようになるメゾットが詰まった、スピーキング練習にぴったりの一冊。瞬間的に英作文を作るトレーニングができる。出てくるのは中学生レベルの文法や語句ばかりだが、これらは最も重要な英語の基礎。基礎を理解し、文章を作る練習を繰り返していこう。

話せる英語ドリル300文~Q-Leap式! 1日10文で始める・続ける

仕事で英語を使うなら、こちらがおすすめ。スピーキング初心者のための30日特訓ドリルで、1日に10個の文章を学習していく。空港や会議など、30以上のビジネスシーンで使える英文を学べる。無料で音声をダウンロードもできる。

▼スピーキングの勉強方法についてはこちらの記事もおすすめ

リスニング教材&サービスおすすめ3選

Language Learning with Netflix(Chromeの拡張機能)

Netflixに登録している人におすすめなのが、「Language Learning witih Netflix」。Netflixの動画を2ヶ国語の字幕で映像を見ることができるツールで、動画を見ながら英語学習ができる。

使用方法は、Chromeウェブストアで「Language Learning witih Netflix」を検索しChromeに追加すればOK。辞書機能もあり、知らない単語にカーソルを合わせると意味や類義語の表示できる。

▼詳細はこちら
Language Learning with Netflix

Scientific American 60-second science(Podcast)

音声コンテンツ・Podcastは、リスニング教材としても最適。自然、動物、地球などに関心がある人におすすめなのは、「Scientific American 60-second science」。約3分ほどの科学情報コンテンツで、内容は専門用語などが多いが、スプリクトで文字としての確認もできるので、上級者のリスニングインプットコンテンツにおすすめだ。

▼詳細はこちら
Scientific American 60-second science

All Ears English Podcast(Podcast)

もうひとつ、Podcastでおすすめのコンテンツは「All Ears English Podcast」。ネイティブスピーカーが使う言い回しや、英単語を学ぶことができる。2人のラジオDJの楽しい掛け合いを聞きながら、毎回、言い回しや新しい単語を5つほど学ぶことができる。紹介してくれる。約15分ほどのコンテンツなので食事中や、移動中にもぴったり。

▼詳細をチェック
All Ears English Podcast

▼リスニングの勉強方法についてはこちらの記事もおすすめ

ライティング教材&サービスおすすめ7選

ハイネイティブトレック

出典:HiNative Trek

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)は、アメリカ人講師から英文添削・発音指導が受けられる英語学習アプリ。英語課題に取り組み、講師から英作文・音声の添削を受けて、実用的なビジネス英語を身につけることができる。

課題は毎日送られ、講師は全員アメリカでのビジネス経験がある英語ネイティブで、一年間継続して添削を担当してくれる。月額は19,600円だが、毎日の課題提出と添削指導で継続的にスキルアップ向上を図ることができる。

HiNative Trekについて詳しく見る

Bizmates(ビズメイツ)

出典:Bizmates

ビジネス特化型のオンライン英会話のBizmatesでは、英会話の基礎やコミュニケーションスキルだけでなく、Eメールライティングやオンラインチャットなどのライティングなども学べる。講師は全員ビジネス経験者。実践的なビジネス英語を習得するのにピッタリだ。

Bizmatesについて詳しく見る

ベストティーチャー

「書いて、話す」がコンセプトのベストティーチャーは、どのコースでも必ずスピーキングレッスンの前にライティング課題が出る。作成した英作文は音声付きで添削が戻ってくるので、オンラインレッスン前にしっかりと復習しておこう。

ベストティーチャーについて詳しく見る

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

出典:Amazon

英作文を始めるのに必要な中学~高校1年レベルの基本文法事項をまとめた一冊。基本文法の復習におすすめ。文法事項図解で解説されているため、イメージで理解できるのが特徴。

英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ

出典:Amazon

英語圏の思想で「英語を英語らしく書く」ためのポイントがわかりやすく書かれた一冊。日本人特有の「遠回しな表現」「あいまい表現」「言い切らない形」といった文章のクセを認識し、英語的な発想に切り替えるようにしよう。

英文ビジネスEメール実例・表現1200

出典:Amazon

ビジネスの英文メールには一定のルールがあり、英文メールを作成するために知っておく必要がある。『英文ビジネスEメール実例・表現1200』は、ビジネスシーン別に100のEメール文面例と、各英文で置き換え可能な1200の表現を収録している。実際の業務でもすぐに活用できる文例が豊富。

ネイティヴチェックで鍛える ビジネス英文ライティング

出典:Amazon

ビジネスに特化した英文ライティングの解説書。英文メールのフォーマットや場面別の例文が収録されている。日本のビジネスパーソンがやりがちな間違いの例も載っているのも参考になる。

▼ライティングの勉強方法についてはこちらの記事もおすすめ

発音教本おすすめ4選

英語耳:発音ができるとリスニングができる

出典:Amazon

ネイティブ並の発音と同時に、字幕なしで洋画を見られるリスニング力を同時に身につけることを目標にした発音教本。付属の音楽CDを聞きながら真似をして、トレーニングを繰り返すことで、リスニング力アップを図る。

フォニックス<発音>トレーニングブック

フォニックス読みで効率よく発音練習ができる発音教本。フォニックスとは、英語圏の子供が学ぶ、英単語のつづりと音のルール。このルールを理解した上でCDにあわせてトレーニングをすると、発音向上だけでばく新出の単語もパッと読める力も身につく。

英語喉:50のメソッド

出典:Amazon

日本語と発声方法の異なる英語を正しく発音できるようになるためには、喉を鍛えることも必要。英語ネイティブがしている喉発音やリズムを理解してトレーニングするための一冊。喉、呼吸、母音、子音、3ビート、ドリルのセクションに分かれている。

日本人のための英語発音完全教本

DVD&CD付きの「息」「声」「筋肉」から鍛える 発音教本。英語発音のための身体づくりができるエクササイズの紹介やアメリカ英語・イギリス英語の両方の発音など、発音に関するイロハがたくさん詰まったボリューム満点の一冊だ。

▼発音練習の方法についてはこちらの記事もおすすめ

コスパで選ぶ、通い型の英会話スクール・3選

下記の表を見ると、通い型の英会話スクールはオンライン英会話に比べると1レッスンあたりの単価が高いが、その中でもリーズナブルでコスパ抜群の英会話スクールを紹介。

【英会話スクールのレッスン料金相場】(編集部調べ:10スクール比較)

グループマンツーマン
対面式英会話教室6,000〜10,000円/月18,000〜20,000円/月
オンライン英会話約300円/1レッスン6,000〜8,000円/月

イングリッシュ・ビレッジ

イングリッシュ・ビレッジは、マンツーマンレッスンに特化した英会話スクールで、必要な分だけ購入できるチケット制度を採用。無駄なく通うことができる。講師は、4大卒以上のネイティブな欧米人のみを採用。顧客満足度も高い。

入会金・初期費用31,000円
フリーチケットコース25,000円/10回
マンスリーチャージコース月額9,200円/4回
教材費なし
1レッスンあたり2,100〜3,000円

イングリッシュ・ビレッジについて詳しく見る

NOVA

出典:NOVA

大手の英会話スクールの中でコスパで選ぶなら「駅前留学」でおなじみのNOVAがおすすめ。入会金・教材費は0円。英会話スクールでは、校舎数は日本最大級。カリキュラムも豊富で、目的に合わせて受講できる。

入会金・初期費用無料
グループレッスン(固定プラン)10,000円/4回
マンツーマンレッスン(固定プラン)22,222円/4回
教材費なし
1レッスンあたり2,500〜5,555円

NOVAについて詳しく見る

リンゲージ

リンゲージ

まず初心者におすすめなのがリンゲージ。入会金不要で初期費用の負担が少ないので始めやすいのが魅力。振替制度や休会制度も整っているので安心だ。受講生の約80%は英会話初心者なので、楽しく英会話レッスンを受けたいという人におすすめ。

入会金・初期費用無料
グループレッスン月会費5,800円
プライベートレッスン月会費19,920円
教材費別途かかる
1レッスンあたり1,450〜4,980円

リンゲージについて詳しく見る

▼コスパで選ぶ英会話スクールについてはこちらの記事もおすすめ

無料体験レッスンを活用して自分に最適なサービスを見つけよう

今回は、編集部おすすめの無料体験レッスンのあるオンライン英会話を、その最適な選び方とともに紹介した。繰り返しになるが、自分に合ったサービスを選ぶ上で重要なポイントは以下の2つ。

オンライン英会話サービスを受講する理由と目的を明確にすること
実際にレッスンを受講してから最終判断すること

このポイントを押さえておくことで、自分のニーズに最もフィットする英会話サービスを見極めることができ、最終決定で失敗する可能性はグッと低くなる。もちろん、良さそうと思ったサービスの無料体験レッスンを片っ端から受講していくのもひとつの手だ。ぜひ、自分にあったサービスを見つけてほしい。

以下の記事では、レッスン料金やシステムなど各サービスの詳しい情報を紹介している。こちらもオンライン英会話を選ぶ参考にしてほしい。


英語コーチングをリーズナブルに受講するなら“オンライン特化型”がおすすめ!

短期間で確実に英語力を身につけたい!という人は英語コーチングスクールの利用も考えてみては?英語コーチングとは、専属のコーチやコンサルタントが受講者一人ひとりに合わせた英語学習プランを組んでくれるサービスのこと。受講者はプランに沿って英語学習に取り組んでいくことで短期間での目標達成を目指す。

▶英語コーチングとは

最近ではオンライン特化型の英語コーチングスクールも増えていて、オンラインでコンサルタントと面談することでスクールに通うことなく学習アドバイスを受けることができる。いつでもどこでも利用でき、時間の融通が利くのが魅力だ。

費用は通い型の英語コーチングスクールの料金相場はひと月あたり15万~25万円ほどであるのに対し、オンライン特化型の英語コーチングスクールの料金はひと月あたり5万~10万ほど。Bizmates産経オンライン英会話Plusではオプションのコーチングサービスもあり、リーズナブルに利用できる。

無料カウンセリングでは弱点のチェックや今後の学習アドバイスがもらえるので、一度体験してみてはいかがだろうか。

\オンライン特化型の英語コーチングについて詳しくチェック/


▼朝の時間を有効活用!効率的にオンライン英会話を学ぶ!

海外で暮らす 特集TOPへ